クリエイティブな作業に最適な法人向けパソコン!

機種のラインナップとサービスが重要

会社の業務の形態が様々ですので、それに応じたパソコンのモデルが必要ですよね。例えば、研究開発では解析や設計活動をするためにハイスペックのパソコンが必要です。営業など外回りが多いときは持ち運びに便利なタブレットがいいです。このように、いろいろな機種のラインナップがそろっている業者を選ぶことがポイントです。さらには、アフターサービスも重要で、パソコンが故障してしまうと業務が停滞してしまいますよね。それを回避するためには業者に保守契約があるかどうかがポイントです。マウスやキーボードが壊れた時は即交換をしてくれますし、ハードディスクが壊れた時はデータの移行などのセットアップ作業をしてくれるのです。まるで、IT系の部署を持っているかのような組織になります。

システム設計をしてくれるサービスがいい

パソコンを法人契約して利用環境が快適になれば、システム環境も便利にしたいですよね。いろいろな業務の効率化につながり生産性が上がりますよ。例えば、データーをサーバーに共有して多くの人と情報共有することができます。また、稟議の決定を紙面で持ち回りをすると、移動や相手が不在などで手戻りや待ちが生じてしまいます。それを解決するためには、ワークフローシステムによる電子承認が有効です。離れていても簡単に決議ができるのです。このように、細かい仕様を相談することで効率化の糸口が見つかります。きめ細かく顧客の仕様に合わせてくれるサービスや既存のシステムの販売といった業者によってサービスが異なるため比較検討が重要です。

© Copyright Personal Computers & Corporate. All Rights Reserved.