静脈センサー等を搭載する法人向けパソコン!

セキュリティを向上させる!静脈センサー

機密情報や社内のプロジェクトなど外部へ漏らせないような大事な情報を取り扱うことの多い現代、顧客との信頼関係が崩れてしまう可能性も捨てきれません。そこでセキュリティ対策としてパソコンを一部の人しか使えないようにするという方法があります。限られた人間しか使用できないようにすることで、部外者のアクセスを規制できるだけでなく、対策をしていることで安心して使用できるのもメリットです。法人向けパソコンにもこうした機能が搭載されているものがあるのでセキュリティ対策を考えているのならこうしたパソコンを導入するのも良いでしょう。ただ、静脈センサーは指紋認証よりも割高になってしまうことがあるので、コスト面でも検討しましょう。

導入も簡単にできる!安全対策

法人向けパソコンは業務でのやり取りに必要なソフトやスペックが備わっているので便利な反面、多くの機密情報を抱えています。よって権限者にしか使用できないようにするなどセキュリテイ対策が必要です。静脈センサーがついている法人向けパソコンならアクセス権限者を絞ることができてセキュリティ対策になります。なにか難しいもののように捉えられてしまいそうですが設定は簡単で、静脈センサーへ手をかざして読み込ませるだけで設定は完了です。使用するときも同じように手をかざすだけで良いのです。また、特定のソフトへアクセスするときだけに静脈センサーを利用した認証を求めたり、認証の頻度を変更するなど設定を変更することもできます。

© Copyright Personal Computers & Corporate. All Rights Reserved.